地元で知らない人はいない!?八幡西区「シロヤベーカリー藤田店」

北九州発祥のパン屋はたくさんあります。たとえば、クラウン製パンだったり、三日月屋だったりです。

その中で老舗中の老舗である「シロヤベーカリー藤田店」をご紹介します。

私の親も子どものころから通っていたというシロヤベーカリー。地域に根付いていて、なくてはならない存在です。

シロヤベーカリーの歴史


シロヤベーカリーは、1950年(昭和25年)に八幡西区藤田で創業されました。私の父親と同い年のシロヤ。創業71年目を迎え、これまでずっと変わらぬ味で人気を維持し続けています。

シロヤは現在5店舗あり、そのうちの3店舗の藤田店、黒崎店、小倉店が北九州市内にあります。あとの2店舗は博多駅にあるいっぴん通り店、大橋店です。福岡市に出店したことで、さらに認知度が上がったのではないでしょうか。

一番のおすすめ!サニーパンとオムレット

シロヤといえばやはり、サニーパンとオムレットでしょう。私がシロヤに行ったときは、この2つを買わないことがありません。買わなかったらシロヤに行った意味がないくらいです。

サニーパンはそのままでももちろんおいしいですが、ちょっとトーストすると、できたての感じがよみがえる気がします。パンの外側の手触りがしっかりしていて、中に入っている練乳がほどよく生地にしみ込んでいるところがお気に入りです。結構食べごたえがあります。サニーパンは1個100円です。サニーパンは1日約2万5千個も売れ、「北九州のソウルフード」と呼ばれているんですよ。

オムレットは、一口でも食べられるかわいいサイズなんです!生地は軽く、口の中でゴワつきません。たっぷり入ったクリームがしっかり甘くて、甘いもの好きな私は一気に5個食べられます!1個40円ですが、私の母親が子どもの頃は1個5円だったそうですよ。昔から値段が良心的ですよね。そこも人気の秘密だと感じます。

穴場のパン屋

シロヤベーカリーの中でも藤田店は穴場だと思います。北九州市内にある他の店舗(小倉店、黒崎店)は商店街の中にあるため人気のパンが早く売り切れることがあります。その点、藤田店は黒崎駅周辺から若干はずれた位置にあるので、他の店舗よりゆっくりパンを選べるかも?

もし他の店舗で売り切れている商品があったら、藤田店に行ってみたらあるかもしれませんよ。でも、14時以降に行くと藤田店の商品も品薄になってくることがあるので、人気のパンはできるだけ早めに買いに行くことをおすすめします。

お土産にいかがですか?

「北九州のパン屋といえばシロヤベーカリー」といっても言い過ぎではないくらい、地元では知名度の高いパン屋です。北九州に足を運んだときは、ぜひシロヤのパンをお土産にしてはいかがですか?

名物のサニーパンとオムレットをぜひ知らない人に食べていただきたいです。オムレットは10個以上買うと箱に入れてもらえるので、手土産に最適なんですよ。

ちなみにサニーパンやオムレットは、福岡県内のスーパーやショッピングセンターでも出張販売しています。ぜひ、シロヤのフェイスブックをチェックしてみてください。

今回は、シロヤベーカリー藤田店をご紹介しました。気軽に買えるお手頃価格と、シンプルで飽きのこない味が人気のパン屋です。地元の人を中心に長く愛され続けるパンの味をぜひおためしください。

シロヤベーカリー藤田店
・住所:北九州市八幡西区藤田2-4-1
・交通:JR鹿児島本線黒崎駅から徒歩約8分
・電話:093-621-5611
・営業時間:7:00~19:00
・店休日:元旦