広々とした空間で利用しやすい!八幡西区の「北九州市立八幡西図書館」


みなさんは普段から図書館を利用しますか?私は学生時代、試験前によく通っていて、社会人になってからもたまに行きます。

ここ数年よく利用するのが、八幡西区岸の浦にある「北九州市立八幡西図書館」。ちょっと調べたいことがあるときはもちろん、清潔感のある空間が居心地がよくてお気に入りなんです。

そんな「北九州市立八幡西図書館」を詳しくご紹介します。

八幡西図書館の特色

「北九州市立八幡西図書館」は2012年にオープンしました。1階は学習室やセミナールーム、カフェがあります。

学習室はいつも学生で満室の状態なので、オープンと同時に行くか平日の午前中を狙うといいかもしれません。

2階はこどものフロアになっています。子ども向けの本やCD・DVDをはじめ、子育て世代向けの育児関連図書も充実しています。

3階は一般書や雑誌が豊富にあり、インターネットも利用できるので、調べ物をするときにおすすめの階です。

2階、3階の本があるエリアは通路が広く、本が探しやすいです。閲覧席も隣の人との間隔が広いので集中できます。

人気の本や季節ごとにおすすめの本を紹介してくれる

北九州市立八幡西図書館では、貸し出しの多い本や予約の多い本をランキングにして紹介してくれるので、私はどれを読もうか迷ったら参考にしています。

季節に応じて図書館がおすすめする本のコーナーもあります。たとえば、夏の季節を快適に過ごすためのレシピ本や、秋の夜長におすすめする小説など、いつ訪れても目新しい情報があるので飽きません。

子ども向けやティーンズ向けのコーナーも充実

北九州市立八幡西図書館は2階のフロア全体が子ども向けなので、児童書や絵本の数が充実しています。「おはなしのへや」で定期的に絵本の読み聞かせも開催されているんですよ。

3階の一部にはティーンズ向けのコーナーがあります。学生の通学時間にサクッと読める本や、授業が始まる前に読む本などをおすすめしてくれます。また、ティーンズコーナーも季節ごとに内容が変わるので、一年を通じてさまざまなジャンルの本に出会えますね。

休憩で利用したいカフェと畳の部屋

読書や勉強などで疲れたら、私は1階にあるカフェを利用します。ランチやデザートがいただけるほか、お弁当も持ち込み自由なので、ランチで外食したくない方にはぴったりです。通りすがりの人がちょっとコーヒー休憩で立ち寄ることもあるようで、カフェはいつもにぎわっています。

3階にある「畳の読書コーナー」は、江戸時代にあった「桜屋」という旅館の離れ座敷を復元しました。畳の部屋で読書ができる図書館って珍しいですよね。足を伸ばしてのんびりしたり外の景色を眺めたりと、好きなように利用できるところが魅力です。

今回は、「北九州市立八幡西図書館」をご紹介しました。新型コロナウイルス感染拡大防止期間中はサービスを休止しているコーナーがあるので、行かれる前に図書館のホームページで確認してから利用してくださいね。

北九州市立 八幡西図書館
・住所:福岡県北九州市八幡西区岸の浦2丁目2-1
・交通:JR鹿児島本線黒崎駅より徒歩10分
・電話:093-642-1186
・開館時間:(平日)9:30 ~19:00 (土日祝日)9:30 ~18:00
・休館日:月(祝日のときは翌日)、年末年始、館内整理日