桜、紅葉を見ながら散歩!北九州市八幡西区「瀬板の森公園」

自粛生活で溜まるストレスを発散させるために外出をしたいところですが、人混みはなるべく避けたいですよね。そんな時におすすめなのがやっぱり公園!

というわけで、今回紹介するのは八幡西区則松にある「瀬板の森公園」です。散歩するも良し、四季を感じるも良し、家族で楽しむこともできます。

場所は筑豊電鉄森下駅から徒歩10分に公園南口、JR折尾駅徒歩19分に公園北口があります。また、駐車場は南口に189台、北口に75台です。立地もよく、駐車場もあるため気軽に行くことができます。

折尾駅も近く、街の中ですが自然を感じることができます。貯水池を挟んだ先には瀬板の森北九州ゴルフコースもあり、所々からきれいなグリーンが見えました。

全長2200mの遊歩道

まずご紹介するのは、北口から南口までの2200mの遊歩道です。道沿いは木々が生い茂っているため、暑い日でも直射日光を浴びずに涼しく散歩やランニングを楽しむことができます。所々にベンチも設置されているため、長時間楽しむこともできます。

私は平日に行きましたが、散歩やランニングを楽しむ方が多く見られました。

また、バードウォッチングも楽しむことができます。瀬板貯水池にはカワセミなども見られます。

片道約30分で、往復1時間ほどかかりましたが、散歩をしながら森林浴に野鳥も楽しめ、飽きることがありませんでした。リフレッシュでき、良い気分転換になることでしょう。

春は桜、秋は紅葉を楽しめる

2200mの道沿いには約600本のサクラが植えられています。
花の丘には約100本のソメイヨシノやヤマザクラがあり、お花見にもおすすめです。また、アジサイやツツジも植えられているため、季節ごとに違う花を楽しむことができます。

もみじ谷ではイロハモミジなど紅葉が100本、ドウダンツツジなどの広葉樹が植えられており、秋には紅葉を楽しむことができます。

四季折々の自然が感じられます。定期的な運動のためにも、いつも違った景色が楽しめるのは大きな魅力ではないでしょうか。ぜひ季節ごとに行き、季節の移り変わりを楽しんでみましょう。

子ども連れにもおすすめ

北側駐車場から入ってすぐのところの「こどもの丘」には遊具も設置されています。ターザンロープやローラーすべり台などがあり、子どもは思う存分楽しむことができます。

遊具以外にも思う存分動き回れるスペースがあるため、子どもたちは1日中遊ぶことができるでしょう。そのため、家族でのピクニックにも最適です。取材した日も何組か家族連れの方も楽しまれていました。

楽しみ方はいろいろ!2種類の橋

北側駐車場近くには浮橋があります。浮橋はコンクリートの箱を浮かべた橋で、水面が近く、渡るだけでドキドキを楽しむことができます。「水の丘」と「こどもの丘」、「水辺のテラス」と「水の丘」の間にありそれぞれ62m、46mもの長さがあります。

もう一つの橋は南側駐車場近くの木の橋です。名前の通り木製でアーチ状になっています。浮橋とは違ったワクワク感があります。来園の際にはぜひどちらも楽しんでください。

季節ごとの草花を見ながら、ゆっくり散歩をすることもできる「瀬板の森公園」。運動不足解消のためのランニングや、お花見や紅葉狩りなど季節ごとの行事にもぴったりです。

その他にもどこでシャッターを切っても美しく撮れるため、子どもを連れて家族での思い出作りにも良いでしょう。

子どもから大人まで幅広い層の人が楽しめる公園となっています。広い園内は1日ではすべてを回りきれないため季節の移り変わりごとに訪れるのはいかがでしょうか。

瀬板の森公園
住所:福岡県北九州市八幡西区瀬坂2丁目3
交通:筑豊電鉄森下駅徒歩10分(公園南口)、JR鹿児島本線折尾駅徒歩19分(公園北口)
電話:093−642−1453(八幡西区役所まちづくり整備課)
営業時間:9:00〜17:00(駐車場)