もっちりやわらかい食感が特徴!八幡西区のB級グルメ「たこ焼とみ」

コロナ禍でテイクアウトの需要が高まっています。たこ焼きは元々テイクアウト中心のお店が多く、今の時代にマッチしている印象です。B級グルメのなかでもたこ焼きが好きな人は多いのではないでしょうか。

北九州市内にもたくさんのたこ焼き店があって、私はいろいろなたこ焼きを食べ比べてきました。そのなかで今回は八幡西区相生町にある「たこ焼とみ」をご紹介します。

「たこ焼とみ」は地元の人が愛するソウルフード

「たこ焼とみ」のたこ焼きは40年以上、地元の人に愛され続けているソウルフードです。移転して現在の相生町で営業していますが、移転前もすぐ隣の竹末にあったので、相生町かいわいでの人気は長い間衰えていません。

地元の人のみならず、口コミで広まって県外からの出張者が来ることもあるのだとか。たこ焼きは気軽に食べられるので、ちょっと寄ってみたくなりますよね。

駐車場は店舗前に4台分あります。常にたこ焼きを焼いているため、待たされることはほとんどありません。もし満車の場合はちょっと時間を空けてまた行くか、近隣のコインパーキングに停めてくださいね。

やわらかい食感が人気のたこ焼き

とみのたこ焼きは、私が小学生のころはかなりやわらかい生地でした。ほとんどたこ焼きの形がなかったような気がします。現在のたこ焼きは味は変わらずおいしいままで、昔に比べて生地が少し硬くなり、たこ焼きの丸い形になりました。それでも一般的なたこ焼きに比べるとやわらかい食感です。

もっちりとして食べごたえがありますが、一つの大きさが少し小さめなので一口でいける人もいるかも⁉私は「たこ焼とみ」の甘辛いソースが大好きで、その味は子どものころからずっと変わっていません。いつ行っても懐かしい味が堪能できます。

具はタコとキャベツともやし。もやしが入っているたこ焼きは珍しいですよね。もっちり食感のたこ焼きにシャキシャキもやしがよく合います。

イートインコーナーでアツアツを食べよう

「たこ焼とみ」にはイートインコーナー(4人掛けが2席)があります。アツアツをすぐ食べたい人はぜひイートインコーナーを利用してください。

ちなみに唐揚げもあり、そちらも絶品です。タレにじっくり漬け込んでいるので味がしっかりしています。揚げたてはカリッとしていておいしいですよ。

そして「たこ焼とみ」は、店主が明るく気さくでめちゃくちゃ話しやすいのも魅力の一つです。お店の歴史などを聞いてみると盛り上がること間違いなし!一度話しかけてみてくださいね。

八幡西区のB級グルメをお試しあれ!

「たこ焼とみ」は同じ八幡西区の三ヶ森店もあります。B級グルメが好きな人はとくに、とみのたこ焼きを食べてみて欲しいです。メニューはシンプルで、たこ焼き12個入りと唐揚げは1個から買えます。

今回は、八幡西区にある「たこ焼とみ」をご紹介しました。地元では超有名店の「たこ焼とみ」。自信を持っておすすめできる老舗のたこ焼き店ですので、ぜひ行ってみてください。

たこ焼とみ 本店
住所:福岡県北九州市八幡西区相生町13-1
交通:筑豊電鉄穴生駅より徒歩約12分
電話:093-631-7750
営業時間:11:00 ~18:00
定休日:不定休